ソ・ラ・ノ・ヲ・ト・第12話(最終回)「蒼穹ニ響ケ」

ソラノヲト響け────


……


響きました…

私の心の中にしっかりと…確かに響きました……



最終回を視聴後の今…
とても感無量の感情になっております。



では

アニメ ソ・ラ・ノ・ヲ・ト について

第12話(最終回) 「蒼穹ニ響ケ」


まず、タイトル…

どこのファフナーかと思いました。

そんな今回は いつものOP曲が流れずに
シリアス全開での開始。


大佐とフィリシアさんとのやり取り。
フィリシアさんがカッコイイの一言に尽きますね。

フィリシアさんは以前、過去の戦争でのお話しがあり、その気構えというか生き方を知っているので
いつもの おっとりお姉さんでなく、軍人としての迫力のある行動になっていました。

保護しているアーイシャを守る為のその優しさ…強さ…
素晴らしいお方です。


大佐に銃を向けるとか、かなり危ない行動なので…
いつフィリシアさんが返り討ちにあってしまうか冷や冷やしました。

それでも、何のお咎めもない終わり方だったので安心です。

でも…
大佐への反抗、ローマ人保護の隠蔽……
何らかの処罰があったとは思いますけど、とりあえずそんなリアルな描写はなかったのはアニメならではの結果オーライでしょう。



それにしても大佐は戦闘狂ですね。
あれこそが軍人としての生き方なんですかね。
戦こそが全てで、自分の居場所…存在理由…。


聞いた話しだと、戦争が起こるから国が栄えるとか。
戦の物資、武器による経済効果…

戦争があるから繁栄するものがある…


そんなのも含めて、戦をやり続けたいとか思うのかな。

本当にシリアスな戦争作品なら、あの大佐は素晴らしい人物として描かれるのでしょう。



あと、リオ先輩はどこ行ったのかと。

出番が全然ないから、いつ登場するかと思っていたら
最後の最後に登場ですね。

リオ先輩が勇者的な登場したのは予測出来たけど、やっぱりあんな登場はカッコイイですね。

リオ先輩がいたからまとまる隊ですよね。



いきなりシリアス続きになって、驚いたソラノヲトですが…
アニメ当初のユル方向で進展して終わってほしかったです。

あんな過酷な展開にならなくても;


戦争中の話しだから、話しをユル作品に脱線させずに完結させたかったのかな。



ヲトは世界共通、生物共通。

人種を問わず、戦だって止める事が出来る。



以上 ノエル派の意見でした~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック