それでも町は廻っている・第12話(最終回)「それ町」




バカバカしい素晴らしい作品もとうとう最終回です。

イカ娘に継いでバカバカしさで癒されてた作品であります。

ちなみに、こちらの地域ではヨスガノソラ最終回(TOKYO MX)の後に放送なので、なんだか元気になりました。

やっぱり、マヌケな作品の方が気軽に視聴出来るので気分が良いです。



では

アニメ それでも町は廻っている

第12話(最終回) 「それ町」


最終回なのに
コミック二巻13話からってW
それほど、原作の中でも好評な話しなのかW

Aパートで万年筆からの事故にあい瀕死。

Bパートで死後の世界を放浪。



まず

歩鳥が万年筆に虫眼鏡つけるんだけど…

万年筆

万年ひつ……

歩鳥は万年しつって言って、おばあちゃんに筆だと言われたねW

これね…
私も「万年しつ」って今まで思ってたよWWW

だって、執筆とか「し」だと思うW
ヤバいW今更気付いたWアニメの力すげW

あと、ひだまりだっけ…トイレのスポスポの正式名称教えてくれたしW
アニメは勉強になりますW



歩鳥の死後の世界での行動は…
役場的な感じで、遊び感覚で現世に介入出来るんだねW

何やらまったりな世界だなW

だけど、死んだ歩鳥を想う仲間の姿は感動的。

最終回らしく、ちょい感動からのいつもの
それ町になったから楽しい。
タイトルも、それ町だし。

うんうん。それでも町は廻っているな…と。

小見川さんと同じく二期を期待します。



以上 タッツン派の意見でした~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック