俺たちに翼はない・第12話(最終回)「俺たちに翼は・・・・・・」

こちらの地域では今期初の最終回。

本当にあっという間に最終回がやってきました。



では

アニメ 俺たちに翼はない について

第12話(最終回) 「俺たちに翼は・・・・・・」


珍しくアバンは気味が悪い意味ありげなものでした…

おれつばみたいな作品は、素直にいつものサービスなアバンでいいと思いまーす。

主人公は主に3パターンが存在する。

クール、チャラい、中性的…あとはラスボス的な奴がいたか…。

その中性的なやつが最終回を飾るキャラ…真の主人公なわけだ。

なんか鬱。

この中性キャラのエピソードは鬱なんだよね;

クールはクールに後藤邑子キャラをやり過ごすのが楽しかった。

チャラ男はチャラチャラで女の子とのやり取りが楽しかった。

中性キャラはね……
鬱で、自分のファンタジー世界に引き込もって意味不明…。



このアニメは可愛いキャラが魅力的でした。
あとはサービス。

ちなみに、ファンが考えた下着デザインを採用して作品に取り入れていたとか。

最終回は…

真面目に進んでいます;悪い意味で。

各キャラが皆登場するのは最終回らしいが、この作品の魅力である…



キャッキャッウフフが無い…!

完全なる視聴者サービスが皆無!!!

女の子達とのバカ騒ぎを最終回にもっと観たかったです。

…結局、何を伝えたい作品だったのか…
人格がどうこう関係なく、普通にラブコメでいいと思います。

「俺たちに翼はない…」

ということですね。



主題歌、ナレーションの杉田智和はナイスW



以上 後藤邑子キャラ派の意見でした~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック