デッドマン・ワンダーランド・第1 2話(最終回 )「救済(グ レイトフル・デッド)」

不完全燃焼でモヤモヤ感が残る最終回です。
二期、続編を期待します。



では

アニメ デッドマン・ワンダーランド について

第12話(最終回) 「救済(グレイトフル・デッド)」


凪の暴走を止めて、弦角をやっつけて…
脱走出来たが、仲間の為にデッドマンワンダーランドに残ったガンタ…

つまり、話しはまだ終わっていませんね。
原作を読みたいです…
アニメは原作のシーンをカットされたものになっているそうですし…
原作が気になったのは久しぶりです。
…でも読まずに時が計画して、忘れてしまいそうですが……(苦笑



まずは、シロ。
結局何者だったんだ…?
恐い笑みしたり、特別な力を持っていたり…
最終回だから、せめてそこは教えて欲しかった…

そもそも、囚人じゃないのに何でそこにいるとかツッコんでよ…!?W
それくらい教えてよW



そして凪…。
救済………救済されないね…
妻、子…愛する存在がいなくなって…
あんな終わり方なんて…一番可哀相なキャラ…。



森川智之キャラ弦角は、結局は可哀相なキャラだったという。
救済の意味を間違えたんだね。
でも、苦しみを絶つ意味で、あの救済も時としては有りですけどね。
映画とかのシーンで「トドメをさしてくれ」…みたいな。



唐子さん。
好きなキャラだったので、今までピンチで心配でした。
でも、最後まで生き残ったみたいなので良かったです。
声優が早水リサだったなら文句なしですW



トト…
沢城みゆきキャラですが…

このキャラが大事な感じですね。
いろいろと重要な感じです。



マキナさんも動き出すみたいなので、あの監獄が何か全体的に動きそう…

それで終わり。



規制が厳しくなった昨今では珍しい過酷な描写が目立つアニメでした。
かなり燃え上がって楽しかったです。

ズッパシ!!

つまりはそういうこと。



以上 マキナ看守長派の意見でした~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック