うさぎドロップ・第11話(最終回)「はじめの一歩」

このアニメは1話のみしか観ていませんが、最終回を観ました。

つまり1話と最終回しか観ていません。

まともにこのアニメを観ていなかったのですが、やはり楽しいものは楽しい。

1話を観た時から作品の温かさを感じてかなり好きでした。
でも、なんだかんだで観逃してしまって…
こんな素晴らしい作品を観なかったのはかなり損をしました。

この作品は原作漫画も大人気で、実写映画化も決まっている…
本当に良い作品です。



では

アニメ うさぎドロップ について

第11話(最終回) 「はじめの一歩」


俺がりんを育てているのか、りんに俺が育てられているのか―。

それが作品のポイントらしいです。

そんな作品の最終回は、子供なら誰もが経験する大人への一歩…歯の生え変わり。

最終回らしい見た目でも、内面的にも成長を伺えた内容でした。

とれそうな子供の歯をいじっちゃうとか…

あるあるあるあるW

そんな些細な描写も親近感あっていい。

なんか懐かしくなって和みます。

あと

自分にも子供がいたら…とか、なんか色々考えてしまいます。

そんな人情味ある内容だから人気があるのでしょうね。
子供がいない人も、いる人も共感できる素晴らしさ…。



縄跳びも賞をとれて、子供の歯も抜けて、無事に最終回を終えた…。

普通なら色々悩む出来事だけど、りんちゃんは前向きに過ごすから癒される。

歯が痛いとかで泣いたりしないし…
本当に前向きだなと。

これは大吉と同じく、りんちゃんによって元気をもらえました。



良い最終回でした。



1話を観てから…
最終回にはどんな成長した!?

とかを期待して観てましたが、期待通りの綺麗な内容でした。

あと、主人公・大吉がどんな風になっているとか気になっていました。

他の子のお父さん、お母さん達と良い関係になっているわけです。

とくに注目すべきはコウキママ。

よくわからないけど、コウキママは未亡人?

ヤバい…風邪きながら登場したコウキママを初めて観て、なんか見とれた…………W

コウキママとのやり取りは過去のも含めて、ちゃんと観たかった…。

本当の最終回はコウキママとの結婚だねW



温かい内容は神アニメとして認定できます。
同じくノイタミナ枠アニメ・放浪息子と同じく、人の成長を描く作品は素晴らしいです。
ノイタミナ…侮れません。



以上 コウキママ派の意見でした~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック