テーマ:テレ東

男子高校生の日常・第1話「男子高校生と放課後」ほか

男子高校生のシュールなギャグ。 オムニバス形式で数本の放送となりショートコントのごとく進行します。 では アニメ 男子高校生の日常 について 第1話 「男子高校生と放課後」ほか なんかダラダラなオーラを感じでいたので、CMを観る限りでは悪い印象でした。 でも、観てみたら… それが良いW …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏目友人帳肆・第1話「とらわれた夏目」

アニメ4期。 1話からラストスパートのような迫力ある展開です。 では アニメ 夏目友人帳 肆 について 第1話 「とらわれた夏目」 4期…… 夏目もとうとうそんな長寿作品へとなりましたか… 一応、私は全て観てきました。 毎回毎回温かい内容は素晴らしいです。 今回のは迫力の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神様ドォルズ・第13話(最終回)「隻・枸雅匡平」

文字通り不完全燃焼な作品。 このように露骨に続編を漂わせる終わり方は流行っていますね。 最近なら劇場版にて続編やったりしますし。 ちなみに最終回から3週間くらい経過しています。 では アニメ 神様ドォルズ について 第13話(最終回) 「隻・枸雅匡平」 主題歌が良い。 まるで、僕ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダンタリアンの書架・第12話(最終回)「第十四話まだ見ぬ明日の詩」

謎が多い不思議な作品でした。 その謎も解決されないで、最後を迎えましたがダリアンのお茶目さは高評価です。 では アニメ ダンタリアンの書架 について 第12話(最終回) 「第十四話 まだ見ぬ明日の詩」 まず……… 意味がわからない。 なんでいきなりバイオハザード……。 しかも、…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

夏目友人帳参・第4話「幼き日々に」

今回は独特な空気感があり、良回だと思います。 いつもの夏目ではない癒される内容だと感じました。 では アニメ 夏目友人帳 参 について 第4話 「幼き日々に」 今回は「木の上の妖怪」からの目線にて、物語が進行する。 その妖怪は木の上に住み着き、イタズラに通るものを驚かせようとするお茶目な妖…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バカとテストと召喚獣にっ・第2話「僕と浴衣とお祭り騒ぎっ!」

浴衣。 お祭り。 日本の風情ある内容でよかったです。 あと、女装とか。 では アニメ バカとテストと召喚獣にっ について 第2話 「僕と浴衣とお祭り騒ぎっ!」 前回の続きで、海からのお祭り。 お仕置きが続行されていて、男性陣は女装して浴衣コンテストに参加することに。 明久…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GOSICK-ゴシック- ・第24話「死神の肩越しに永遠をみる」

予測を覆した終盤。 このアニメは録画貯めしており、最終回までの2話分を観ていませんでした。 その2話分は、今までのゴシックとは大きく異なった内容だったので、物凄く驚きました。 凄いアニメです。 とても良い最終回でした。 では アニメ GOSICK-ゴシック- について 第24話 「死神の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

神様ドォルズ・第2話「神様の特訓」

相変わらずの主題歌クオリティー。 曲が良いので、アニメも楽しくなります。 では アニメ 神様ドォルズ について 第2話 「神様の特訓」 タイトル通りに神様…カカシを操る特訓の福圓キャラ。 あのちっこいキャラはなんか可愛いW キャラ描写が愛くるしいW 何と言うか…少女特有の強がりからの、デレ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ゆるゆり・第2話「私とあなたと生徒会」

罰金バッキンガム。 ゆるいキャラ達の日常は楽しめます。 新キャラ登場で盛り上がりました。 では アニメ ゆるゆり について 第2話 「私とあなたと生徒会」 生徒会チームの登場。 その生徒会との犬猿の仲が印象的。 それとライバル関係の生徒会後輩の二人も好感。 独自のツンデレ展開は楽しめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バカとテストと召喚獣にっ!・第1話「僕とみんなと海水浴っ!」

二期開始そうそうから海、水着回。 さすがと言ったところでしょう。 相変わらずのバカげたネタが最高です。 では アニメ バカとテストと召喚獣にっ! について 第1話 「僕とみんなと海水浴っ!」 皆と海に行くことになる明久達。 玲お姉さんが出番多くて良かったですW 私は秀吉派でしたが、やっぱり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神様ドォルズ・第1話「神はきたりて」

主題歌が素晴らしい。 アンインストールでお馴染みの石川智晶さん。 作品の絵柄は古い感じがしましたが、1話から熱い展開に感情が高まりました。 では アニメ 神様ドォルズ について 第1話 「神はきたりて」 主人公は普通の人間… だけど、ある村の出身ということで裏がある感じです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゆるゆり・第1話「中学デビュー!」

一迅社作品。 芳文社作品に越えられない壁を感じました…。 アニメ ゆるゆり について 第1話 「中学デビュー!」 主人公あかり、京子、結衣、ちなつ…その四人がメインメンバーのよう。 基本的にはクラスが違うので部活動を通して楽しいユル展開が始まる感じ…。 主人公のあかりは… いい子で、特徴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏目友人帳参・第1話「妖しきものの名」

第三期。 相変わらず心温まる内容でした。 ただの妖怪作品ではないのが夏目の魅力です。 だからこそ今期のアニメでも注目度が高いわけです。 では アニメ 夏目友人帳 参 について 第1話 「妖しきものの名」 最初は少しこの作品紹介から入って、自然にいつもの内容になりました。 おばば妖怪の登…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦国乙女~桃色パラドックス~・第13話(最終回)「陽光乙女」

戦いからその後の展開。 意外とあっさりしてました。 では アニメ 戦国乙女~桃色パラドックス~ について 第13話(最終回) 「陽光乙女」 戦いが終わり、次はマサムネが甲冑を狙う。 だが、ノブナガはそれを破壊して、力では支配出来ない大切さを語る。 ノブナガがそんな感情を得たのは、ヒデヨシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦国乙女~桃色パラドックス~・第12話「戦国乙女」

タイトル通りに今回は戦国乙女な内容。 今まで登場した武将が勢揃いで熱い内容でした。 では アニメ 戦国乙女~桃色パラドックス~ について 第12話 「戦国乙女」 甲冑の力を使い、攻撃的なイエヤス。 それにノブナガ達は挑み、過去に戦ったライバルが助太刀に来る。 熱い……!熱いよ!! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦国乙女~桃色パラドックス~・第11話「強奪乙女」

良い展開になりました。 このままラストへ壮大な戦いの予感です。 では アニメ 戦国乙女~桃色パラドックス~ について 第11話 「強奪乙女」 マサムネは横取りした甲冑をイエヤスに取られる。 そしてマサムネはタイムスリップの謎を解説。 …もうね、タイムスリップの理由付けとかいいよ… …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦国乙女~桃色パラドックス~・第10話「心中乙女」

かなり良い回。 本能寺の変…… それはとても素晴らしい内容でした。 では アニメ 戦国乙女~桃色パラドックス~ について 第10話 「心中乙女」 今回はミツヒデのヤンデレ! その一言に尽きます…! 好きな者に振り向いてもらえないならば… 心中………。 何気にエンディングがミツヒ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦国乙女~桃色パラドックス~・第9話「西国乙女」

長宗我部、大友、毛利… 西の英傑の登場。 そんな今回はかなりの良回でした。 凄く楽しめた内容です。 では アニメ 戦国乙女~桃色パラドックス~ について 第9話 「西国乙女」 まずはアバンシーンがなんか凄まじいバトル! 大友がクロノクルセイドの主人公に見えてしまったよW …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦国乙女~桃色パラドックス~・第8話「微熱乙女」

ミツヒデの謀反フラグを期待したいです。 最終回はやっぱり本能寺の変になってほしいです。 では アニメ 戦国乙女~桃色パラドックス~ について 第8話 「微熱乙女」 甲冑探しで旅をするノブナガ達。 その旅路でヒデヨシはは温泉ではしゃいで熱が出る。 立ち寄った村でノブナガの悪い噂とか…W…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦国乙女~桃色パラドックス~・第6話「想出乙女」

ノブナガとミツヒデの思い出や、ノブナガの過去、それからの想い。 キャラの過去のエピソードが描かれた少し落ち着いた内容でした。 では アニメ 戦国乙女~桃色パラドックス~ について 第6話 「想出乙女」 ノブナガとミツヒデの過去。 史実と同じく破天荒なノブナガだね。 何かしらの道場?の人達…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦国乙女~桃色パラドックス~・第5話「怪談乙女」

怪談話しをし続ける内容。 何気に楽しいですね、怪談は。 和風な世界だけに、怪談がさまになってます。 では アニメ 戦国乙女~桃色パラドックス~ について 第5話 「怪談乙女」 鷹で獲物を狩っていたノブナガ達は、落ち武者に囲まれたマサムネと出会う。 怪談の100物語を喋らないと、その場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦国乙女~桃色パラドックス~・第4話「対決乙女」

前回の記事にて、主題歌が好きと書きましたが、曲が好きです。 歌は………正直、微妙です。良い意味で。 歌唱力が高い人気声優ではなく、発展途上の声優さんの歌がまた新鮮なのです。 では アニメ 戦国乙女~桃色パラドックス~ 第4話 「対決乙女」 今回は因縁の犬猿対決。 シンゲンとケンシンの登場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦国乙女~桃色パラドックス~・第3話「天空乙女」イエヤ

この作品の主題歌…陽炎。好きです。 琴?のような和風な音が聞こえたり、熱い勢いを感じます。 では アニメ 戦国乙女~桃色パラドックス~ について 第3話 「天空乙女」 イエヤス、今川ヨシモトの登場。 今川はなんか毛利っぽい…BASARAの毛利影響か…緑色の服装が毛利っぽい。 そんなヨシモトは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦国乙女~桃色パラドックス~・第2話「困惑乙女」

ヒデヨシが戦国時代に少しずつ馴染んできた内容。 では アニメ 戦国乙女~桃色パラドックス~ 第2話 「困惑乙女」 やっぱり、このアニメ好きです。 キャラが可愛いキャラアニメという意味でも良いですが… 歴史…というブランドにどうしても好感を持ってしまいます。 今回は村人を応援するヒデヨ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神のみぞ知るセカイII・第1話「一花繚乱」

アニメ第2期。 相変わらず、桂馬の攻略は続いています。 では アニメ 神のみぞ知るセカイII について 第1話 「一花繚乱」 早速、新しいお話しです。 回想やら、一期のラストに出た謎の新キャラとかは無しでした。 一期からの純粋な続きのままな感じです。 桂馬は空手の凄腕女…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦国乙女~桃色パラドックス~・第1話「転送乙女」

パチンコから生まれたアニメ。 でも、パチンコ要素は全くなく、キャラだけが使用されたアニメです。 私は歴史好きなので、このアニメ好きです。 三国志は恋姫(三期まで放送)、一騎当千(四期まで放送)。 アニメ四期いくとかどれだけ萌え需要高いって感じですね。 戦国ならBASARA、百花繚乱サムライガールズでしょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GOSICK-ゴシック- ・第11話「そのドリルは雄弁に愛を語る」

11話なので、まだ新章には突入していません。 13話あたりから新章でしょうか。 では アニメ GOSICK-ゴシック- について 第11話 「そのドリルは雄弁に愛を語る」 まずタイトルW そのドリルは天を貫くドリルですW 今回はジャクリーヌという女性と、グレヴィールとの過去、事件が明…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

GOSICK-ゴシック- ・特番「春来たるGOSICKゴシックスペシャル-美しき怪物は混沌の先を視る

いただきました。 語尾に「ニャン」は最強。 そんな今回は総集編です。 では アニメ GOSICK-ゴシック- について 特番 「春来たるGOSICKゴシックスペシャル-美しき怪物は混沌の先を視る-」 久城の回想で総集編を少しやり、あとは声優達の遊びトークでした。 アニメ当初の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GOSICK-ゴシック- ・第10話「風邪ひきは頑固な友人の夢をみる」

昨日は寝落ちしてしまいました… 放送してから7分くらいで視聴しましたが… 寝ぼけていたので、残りの内容すらあやふやです(それなりに全部観たと思うのですが…) ところで、ゴシックのOP曲のCMが流れていますが、その歌手の口元がなんか水樹奈々さんに似ていると毎回思います。 では アニメ GOSICK-ゴシッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GOSICK-ゴシック- ・第9話「人食いデパートに青薔薇は咲く」

久城が単独で事件へ挑戦みたいです。 ヴィクトリカとの経験を活かして事件解決できるでしょうか? では アニメ GOSICK-ゴシック- について 第9話 「人食いデパートに青薔薇は咲く」 寝巻にと着物をヴィクトリカにプレゼント。 ヴィクトリカの着物への期待や喜びシーンが可愛いW しかも、ツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more